人気アーティストが使用しはじめた時はエフェクターを買取に出すチャンス

人気アーティストが使用しはじめた時はエフェクターを買取に出すチャンス

エフェクターの買取価格は変動することがあります。低価格で販売されていたものが、何らかの理由で高額になることもあり、このような場合には査定額も高くなります。できるだけ高い価格で所有しているエフェクターを売却したい人は、このような機会に売った方が最適です。エフェクターの買取価格が通常よりも高くなることがあるのは、人気のあるアーティストが使い始めた時です。このような時に査定額が通常よりも上がることがあるのは、多くの需要が見込めるからです。アーティストのファンが購入することも多いので、買取店でも高額で買い取っています。こうした商品を購入することが多いのは、自分でも楽器を演奏している人です。人気のあるギタリストが使用しているエフェクターを、そのアーティストのファンが購入することもあります。バンドをしている人がこうした商品を購入することもあり、自分のバンドのライブで使用すれば、好きなアーティストのような音を出すことができます。

エフェクターの電源は専用アダプターでなければならないか?

最近のエフェクターは電池で駆動しますが、ライフで演奏している時に電池切れを起こすこともあり、電源アダプターを使うことが多いのが現状てす。ではどのようなアダプターを使えばいいかというと一般的に使われるのがマイナスDC9Vタイプで、基本は同じメーカーのものを使うのが良いとされています。メーカー推奨のものを使えば間違いな穴ですが、値段の安いものを使うとノイズが発生することがあります。最近よく利用されるデジタルエフェクターは専用アダプターをか適していて、マルチでの操作では専用でなければなりません。これはアナログのものよりも比べものにならないくらいの大電力が必要だからです。大きさは9Vと18Vのタイプがあり、18Vに9Vが使えないかというとそうではなく、たとえ違っていても駆動することはできます。ただし駆動するだけで本当のエフェクターの機能を発揮しているとは限らず、やはりあった大きさのものが適しています。

著者:内海新作

筆者プロフィール

東京都豊島区出身。
地元で楽器屋を経営中。
今回はエフェクターを買取に出す時のポイントを記事にまとめました。